back to top

Statement

時代を遡ると、人が自らの想像力を頼りに
無から何かを創り出す行為は社会と切実に関わるものでした。

アートとは絵画や彫刻といった芸術作品そのものを指すのではなく、
それら芸術品が各時代においてどのような役割を担うか、という概念です。
歴史に残る作品は芸術家本人の思考を超えて、時代を反映するものです。

MeltingPotはアーティストと伴走し、現代における様々な課題をアートを通して解決していきます。

column

  •     アジアで活動する現代美術家、 山本愛子が全6回に渡り、旬なアジアのアートコラムをお届けします。   第5回「ひと息と回想」     約1年間のポーラ財団の在外研修を終え、日本に帰国してきた。(杭州10ヶ月、台湾3ヶ月。)帰国して横浜の実家に戻り、1年ぶりに本当の意味でひと息をついた。私は物心がついた頃からこの家に住んでいるけれど、長く家を離れて帰ってきた時はいつもこの場所を新鮮に感じる。「この机以外とお洒落だな」「トイレこんなに小さかったけ」「この花瓶こんな模様だったんだ」来客のような気分。家族と、猫と、そして二世帯住宅で祖母も一緒に住むこの家には、至る所に染み付いた匂いや記憶、聞き慣れた足音、ガラス越しに編み物をする手、1年前と変わらず平和に響いている。変わったこともたくさんある。弟が家を出て一人暮らしをしたこと、その部屋が父のギター置き場と化していたこと、壊れかけていた蛇口が新調してあったり、ペットの猫が太っていたり。些細な変化に気づいていくうちに、来客気分は徐々に消えていき、だんだんと現実感が増していく。逆に、つい先日までの台湾の暑い日差しや、杭州の静かな湖の景色がまるで夢だったかのように遠のいていく。人というのは不思議で、自分が今いる場所が現実で、別の場所で起きている別の現実に対しては、案外簡単に臨場感が消えてしまう。昔あんなに好きでやっていたことをパッタリとやらなくなったり、絶対にこうだと思っていたことに全く執着しなくなったりというのも、環境が人を変えていく、ということが大きいのかもしれない。気候も文化も異なる地を移動するたび、外の世界が私をころっと変えてしまう感覚を知る。自分というものがいかに自分でコントロールできない無力なものかということを体感する。無力さと旅は常にセットだ。     そういった経験も踏まえ、昨今国内外で活発なアーティストインレジデンスは、アーティストが自身の表現に新たな風穴を開けるきっかけにとても良い環境だと思う。新たな人や素材との出会いが自然に生まれること。文化や言語の壁にどう向き合うか。当たり前の生活が当たり前にできないからこそ、当たり前ってなんだっただろうか?と根本的問いを考えはじめることができる。そうして日常だと思っていた場所に帰ってきたとき、それが実はへんてこなことであったり、尊いものだったということに気づくことができる。     そういうわけでここ日本から、先日までの台北国際芸術村の3ヶ月間のレジデンスを回想してまとめてみようと思う。レジデンスに参加したアーティスト目線のレビュー(日本語)が意外とネットに少なかったので、これから台北国際芸術村にレジデンスを考えているアーティストの方をはじめ、興味を持っている方や、アーティストインレジデンスって何?という方の知るきっかけになればと思う。またアーティストのみならず、キュレーターやフォトグラファーなど運営側のインターンも行われているのでそちらに興味のある方にもオススメできる場所だ。   ウェルカムパーティーでの自己紹介の様子 (台北国際芸術村)   まず台北国際芸術村のレジデンスは2箇所ある。市内中心部にある「台北国際芸術村(Taipei Artist Village 通称TAV)」と、やや郊外の「寶蔵巌国際芸術村(Treasure Hill Artist Village 通称THAV)」だ。私は後者のTHAVに申請し滞在した。どちらも毎年公募か、あるいはアーティストの滞在交換プログラムがあるようだ。日本からはBankARTなどが提携していて、毎年1組づつ、台湾のアーティストが日本へ、日本のアーティストが台湾へ行き、制作を行うというアーティストの交換プログラムが行われている。申請から滞在まで1年ほどかかった。平均2〜3ヶ月の滞在が可能だ。    台北国際芸術村(TAV)   TAVは、THE 都市!という感じのモダンな環境。滞在部屋も立派で、広い部屋だと50人は入れそうな講義室くらいある。ダンサーの方なら部屋で稽古ができそうだ。施設内にはダンスホール、音楽室、写真用の暗室と機材一式など申請すれば使用できる。展示会場、カフェ、その他様々充実している。また都市中心部なので材料調達もしやすく移動も何かと便利。都市部でリサーチなどを行う人や施設内の設備を日常的に使用したい人はTAVが最適だと思う。   アーティストトーク前の様子(TAV)   THAVはTHE 村だ。30分あれば一通り回れる広さ。入り口にお寺があり、毎回門をくぐって中に入る度、なんだか神聖な気持ちになる。元日本軍の軍事施設だった場所で、シェルターなども残っている。(現在はギャラリーとして使用されている。)村の中にはカフェ、雑貨屋、歴史資料室、木工室(申請して機材が使える)、自作カメラ屋、ゲストホテル、台湾作家たちのスタジオ、ギャラリースペース、アーティストの住居、そして90年代から住んでいる地元住民もいる。訪れるだけで歴史や自然を感じられる場所だ。滞在部屋は私の部屋が一番広かったようだが、(H)2m*(W)1.5mの平面作品を頑張れば2〜3点同時並行で制作できるくらいの広さだった。ものすごく大きな作品を作るのは難しく、工夫が必要だ。機材や過去の滞在作家が寄付していった備品などがストックしてあり使用可能でとても助けられた。徒歩5分で市場やコンビニ、年中無休の路上屋台があり暮らしやすい。中心部までメトロで5~6駅なので不便さは感じなかった。   寶蔵巌国際芸術村(THAV)   安全面、生活面の心配は特になかった。TAV、THVAどちらもキッチン、トイレ、シャワー、洗濯機、給水所などしっかりとした設備があり、守衛さんが24時間滞在してくれている。何より運営の方々が本当にしっかりしていて驚いた。時間厳守、道具の管理、日本より几帳面!?と思うことも多々。TAV、THAV合同で定期的にミーティングやトークがあり、ウェルカムパーティー、住民とのカラオケ会(野外で笑)、また私は秋滞在だったのでお月見BBQ会を開いてくれたりと、ありがたいセッティングがたくさんあった。人との交流が自然と生まれる場所であり、かつプライベートな時間はしっかりととれる、とても良い環境だと思う。   Tintin patrone パフォーマンスの様子(THAV)   アーティストは滞在最後に展示を開催することができる(しなくても良い)。私の会期ではTAV滞在作家はTAVでグループ展、THAV滞在作家はTHAVでそれぞれの個展を企画した。パフォーマンスやワークショップも、提案すれば日程や場所を調整して運営の方のサポートの上行うことができる。同時期に滞在していたパフォーマーのアーティストは、台北国際芸術村公式Facebookなどでワークショップの告知をしたところ20名ほど集まり(台湾の遠方から来る人もいた)、彼らと一緒にパフォーマンスライブを実現するなど、現地の人たちとレジデンス施設で作品を作り上げることも可能だ。   張翀 個展(THAV シェルター)   Yasen Vasilev 個展(THAV Crossギャラリー)   山本愛子 個展 (THAV Frontier ギャラリー)   長谷川寧 (TAVギャラリーグループ展)   また、アーティストのみならず国内外のキュレーターのインターンも活発に行われている。アーティスト同士の交流が行われるレジデンスは多いが、若手キュレーターとアーティスト間の交流があるのは台北国際芸術村の魅力の一つだと思う。私の滞在時は、台湾、北京、マレーシア、イタリアからインターンに来ていた方がいた。今回私はTHAVで個展をさせていただいたが、その個展に関するインタビューをインターンの若手キュレーター達が自主的に作ってくれた。興味ある方は是非こちらから(英語、中国語)。こういう横のつながりができることはお互いにとって嬉しいことだ。私たちの世代がどんな未来を作っていけるだろうと、わくわくさせられる。芸術や文化を通して交流をし、互いに学び、それを作品という形でまた他の人へと届けていく。このような文化的活動の中で表現を深めていくという行為。これからも続けていきたいと改めて思った台北滞在でした。         以上、ざっくりですが、滞在して感じたこと得たことなどを共有してみました。このコラムもかなりマイペースにやらせていただいていますが、ひとまず残すところあと1回となりました。来週からは、展示のためまた少し中国上海へ行ってきます。同時期に上海ではアートフェアが行われるようなので、次回はそのあたりをコラムで触れられたらいいかなあと思っています。(が、気が変わる可能性も大です。)それではまた、どうぞお付き合いくださいませ。     筆者プロフィール 山本愛子 Aiko YAMAMOTO 作家 ウェブサイト http://aikoyamamoto.net 1991年 神奈川県生 2017年 東京藝術大学先端芸術表現科大学院修了 2018年-2019年 ポーラ美術財団在外研修員として杭州に滞在  

  • 昨年度に引き続き、群馬県館林市にて武蔵野美術大学の黒川弘毅教授を招き、彫刻講座を開催致します。彫刻に触れながら、作品そのものや、作品保存について学ぶ貴重な機会となります。 お申込は館林市文化会館 0276-74-4111 (9:00-17:00)にお問い合わせください。 昨年度の様子

  •     アジアで活動する現代美術家、 山本愛子が全6回に渡り、旬なアジアのアートコラムをお届けします。   第4回「記憶という糸、歴史という布」   私はいま台北宝蔵巌国際芸術村いる。ここに来て早1ヶ月半。灼熱の太陽、虫の音が止むのは夕立のときのみというほど、生命の活気が日々全身に染みわたるような土地だ。台北国際芸術村のレジデンスプログラムの一貫で、私はここに3ヶ月間スタジオ兼住居を提供していただいている。9月の台北での個展に向け、滞在制作折り返し地点というところだ。   宝蔵巌国際芸術村 Treasure Hill Artist Village   ここ数ヶ月、私は「記憶」にまつわる旅をしている。というのは、現在私は展示に向けて「記憶のタペストリー」を作っていて、それにまつわるリサーチや素材集めを行っている。また、先月初めまでは「記憶の痕跡」というテーマの授業を中国美術学院で行っていた。   中国美術学院での授業の様子   授業内容は、簡単にいうと布と染めを使って皆で遊んで学ぶというもの。染色をしていると、環境をよく観察するようになる。授業のある日、晴れたり曇ったりと不安定な天候の日があった。皆で雲の動きを見つめ「次の雲が去ったら15分くらいは晴れそうだね」などと会話をし、そのタイミングを見計らい布を日光に晒しにいく。他者と一緒にじっと雲を見つめるというシンプルな行為。大人になるといつしか「普段やらないこと」になっているのではないだろうか。   雨の日は、雨の日にできることする   光の記憶、大地の記憶、空気の記憶。自然の力で染めた布は、それら記憶の痕跡。自然現象と触れ合いながら制作をするという尊い時間を他者と共有できたことに、授業の価値があったのだなと思う。   成果展「記憶の海」搬入の様子   そして今、私のいる宝蔵巌国際芸術村。この芸術村はかつて、日本統治時代に日本軍の軍事施設だった場所である。戦後、台湾にやって来た国民党軍がそのまま軍事施設として利用。70 年代、軍の撤収後も老兵や退役軍人が住み着いた。80 年代に存続の危機があったが反対運動が続き、2004 年に正式に歴史的建築物として登録、集落の保存が決定。2010 年に住民と芸術家が共存する国際芸術村になり、今に至っている。   宝蔵巌国際芸術村 Treasure Hill Artist Village   今日こうして平和な環境の中で制作活動ができていることに重みを感じる場所だ。今が大きなうねりの果ての最先端ということを実感し、これからのためには今何ができるだろう、ということを自然と考えされられる。私以外に10名ほどの国内外アーティストが滞在し、期間中にトークや交流会が盛んに行われている。   台北国際芸術村 滞在アーティスのトーク等が定期的に行われている     先週、台湾原住民タイヤル族の住む清泉部落に行ってきた。タイヤル族は麻織物が有名で、その制作過程のリサーチを目的に訪れた。車窓から美しい山々が見えてくると、自分の心身が喜んで呼吸しているのを感じる。   清泉部落   タイヤル族の部落で出会った同年代くらいの女性が、私が日本人だとわかると、鳩ぽっぽを急に歌い出した。え、なんで知ってるの?と聞くと、よく祖母が歌ってくれたからだそう。年配のタイヤル族の方には日本語が流暢な方が多く、私を見ると嬉しそうに日本語で話しかけてくれるのです。   タイヤル族と共に、布を羽織らせてもらった   布を織り、ご飯を食べ、ギター1本を囲い歌ったりと、何とも素敵な時間を過ごした翌日、帰り際に山郷にある民族記念館に訪れた。そこには日本人による慰安婦などの負の歴史も残っていた。 今日という日までに、一体どれだけの人が理不尽に傷つき悲しんだのだろう。アジアの美しい暮らしに触れるたび思うのは、そこには負の影が表裏一体ということだ。           部落から台北へ戻る道中、特急列車でひとりぼんやりと、美しい山奥でパッタンパッタンと布を織っていたタイヤル族のおばあちゃんを思い出す。そしてふと、 個人の記憶が糸だとしたら、その糸で織り成した布が共通の歴史なのかなぁ、などと考えた。 おばあちゃんは「織りの基本になる糸の成り立ちを知ることが最も大切」と言って、植物が糸になるそのプロセスを私たちに一番念入りに教えてくれた。タイヤル族は、カラムシの茎から麻糸を作る。    カラムシの茎を刈るタイヤル族のおばあちゃん   私たちは山を分け入り、野草のカラムシが生えているところまで歩いていった。 炎天下の山懐で、カラムシの葉っぱをちぎって食べてごらん、すりつぶして肌に塗ってごらん、とタイヤル族が私たちに教えてくれた。言われるままにやってみると、葉は薄味だけど、ちょっと粘り気があって噛み応えがあった。カラムシは糸にもなるし、食物にもなるし、虫除けや塗り薬にもなる。糸になる前の植物は、様々な可能性を秘めている。     個人の記憶が糸だとしたら、糸になる以前の植物自体が個人そのものなのだろうか。 今を生きるあなたや私も、野草のカラムシなのかも、と妄想した。     生成される糸の質感は、カラムシの茎の長さや太さによって様々だ。それは、風土がどのようにその茎に影響をもたらしたか、という背景である。 様々な風土の記憶を持つ無数の糸が織り重なり一枚の布が出来上がる。布を構成する一本一本の糸を見つめ、その糸がかつて植物だった頃のこと、当時の土の匂いや燦々とした陽光を感じとることは、まさに歴史を紐解く行為だ。   うろ覚えの鳩ぽっぽを笑顔で歌ってくれる目の前の彼女に対し、なぜ歌えるんだろう?という好奇心を向けたとき。理由を知り、彼女の祖母の歌声が重なって聴こえるような気がしたとき。この糸はかつてどんな植物だったんだろう、どんな大地に生まれたのだろう、と想いを馳せたとき。遠いと思っていた歴史が、ぐっと近づき自分事になってくる。         筆者プロフィール 山本愛子 Aiko YAMAMOTO 作家 ウェブサイト http://aikoyamamoto.net 1991年 神奈川県生 2017年 東京藝術大学先端芸術表現科大学院修了 2018年から現在、ポーラ美術財団在外研修員として杭州に滞在中。

ARTISTS

You don't have permission to register