back to top

ニュース

2月23、24日の二日間にわたって、館林市にて武蔵野美術大学の黒川弘毅教授を講師にお招きし、彫刻講座が行われました。 1日目は群馬県立館林美術館にて彫刻に関する講義がありました。屋外彫刻(out-door sculpture)とより狭義に使われる野外彫刻(open-air sculpture)の違い、公共の場に設置される彫刻の題材、素材の時代ごとの変遷。設置された各地域の彫刻の状態、そこから見える保全活動の重要性について。 2日目は、前日の講義を受けて、館林市彫刻の小径に設置された3体の彫刻を実際に清掃しました。 最初に黒川先生から清掃の仕方および道具の説明。今回は洗浄からワックスがけまで行いました。 実際の清掃に入ります。彫刻作品は普段触らないので、盛り上がります。今回清掃したのはすべて女性像でしたが、女性像が流行ったのは90年代。戦後は新しい時代を作るという機運から男性像が作られることが多く、今世紀に入ってからはジェンダーの観点から公共の場に裸体、着衣含め女性像を設置することはほぼありません。欧米では特にこの動きは強いようです。 環境に良く、虫も殺さない洗剤を使用し、洗浄した後はワックスでピカピカに磨いていきます。 「今まで歩いてたら(彫刻が)あるなぁって感じだったけど、なんか大切な感じがしてくるよねぇ」と感じてほしかったことをそのままに参加者の方々が口々に言ってくださるのが嬉しいです。また、間近で見ると、様々な色の錆があり、これは何だろうと次々と沸く疑問に黒川先生が答えてくださいます。   この時期特有のからっ風も全くなく、14名の参加者とともに良い陽気の中で終えることができました。 館林市は90年代から黒川先生が専門的な調査に入っており、非常に良い状態で彫刻が保たれています。各地には様々なパブリックアートがあり、今後も増えていくと思われますが、市民の方々を巻き込んでいくことによって、一度設置された後も地域に愛されていくものとなりますように。 共催:群馬県館林市教育委員会・群馬県立館林美術館 / 企画・制作:株式会社MeltingPot

2019年3月2日~17日に開催される芸術祭、「大子まちなかアートウィーク2019」のディレクションを担当させていただいています。 現地で活動しているアーティストに加え、2018年7月より企画運営をしています大子アーティスト・イン・レジデンス作家を加え、茨城県大子町で開催される2度目の芸術祭になります。商店街空き店舗や野外での作品展示、ワークショップと同時に、期間中開催されるイベントも数多くありますので、観光ついでにいらしてください。 詳細情報は町のサイトより

2月23、24日に館林市にて、彫刻講座及び清掃体験があります。 2018年度はこれまで東京都中央区、埼玉県越谷市にて野外彫刻関連のイベントを開催させていただきました。今年度最後は、館林市です。2日間のイベントの初日は武蔵野美術大学彫刻科教授、黒川弘毅先生の講義、2日目に野外での彫刻清掃があります。 年齢、定員制限ありませんので、お気軽にご参加ください。申し込みは館林市文化会館 TEL:0276-74-4111。 共催:群馬県館林市教育委員会・群馬県立館林美術館 企画・制作:株式会社MeltingPot

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 年末年始休暇の期間を以下の通りとさせていただきます。     ■年末年始休業期間 2018年12月29日(土)から2019年1月6日(日)まで 2019年1月7日(月)通常営業とさせていただきます。 本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 このたび、営業拠点を移転させて頂く事になりました。   これを機に、気持ちを新たに、より一層社業に専心する所存でございます。 改めて日頃のご愛顧にお礼申し上げるとともに、今後とも変わらぬお付き合いのほどお願い致します。   【移転先住所】 東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル2階 ※電話番号は変更ございません   【業務開始日】 2018年11月1日 ※旧大塚住所は11月いっぱい書類の転送をしております。

熊谷市・熊谷市教育委員会協力のもと、10月27日(土)に熊谷市屋外彫刻おそうじ体験を開催します。 ちょっと敷居の高い芸術品、美術館だと絶対に触れてはいけません。でも、それで興味を持つってむずかしい。触りながら硬さ、大きさ、個体別のさび具合を確認する、作者の細やかな気遣いに気付く。彫刻作品は触ることで見るよりも多くのことを知ることができます。おそうじを通して、彫刻作品を身近に感じ、自分の住むまちの財産として捉えていっていただけるようになれば幸いです。 おそうじ体験のお申込みは、こちらを印刷のうえ、FAXでお送りいただくか、メールにてお申し込みください。 おそうじ後は星渓園に移動し、当日を振り返ります。希望者はお茶会体験もできます。  

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。弊社のお盆休みについてお知らせ致します。 誠に勝手ながらお盆休みは、8月11日(土)~19日(日)の9日間をお休みとさせていただきます。 休み期間中のお問い合わせに関しては、休み明け20日(月)から順次返答させていただきます。今後ともよろしくお願い致します。

7月下旬より、茨城県大子町で古民家を改装したアーティスト・イン・レジデンスが始まります。 大子町は、第一回県北芸術祭が開催されたことを受けて、昨年度よりアートを活かしたまちづくり事業を進めてきました。弊社は、今年度滞在制作のアーティストの紹介、およびプロジェクトの企画等させていただきます。 本企画は芸術振興、および空家を活用した地域活性化に寄与するものとして、旭松食品株式会社、株式会社伊藤園、マルコメ株式会社、他企業様に協賛いただいております。 アーティストの滞在は、オープニングイベントに先行して始まりますが、地元の方向けのオープニングイベントが8月の4,5日に開催されます。 Daigo Art in Residense の頭文字をとって、施設名はDAIRとなりました。大子町の文化のハブとして認知されていくよう、取り組んでまいります。  

  先日、告知させていただきましたが、3月21ー25日まで、茨城県北芸術祭の開催地である大子町で5日間の芸術祭が開催されます。 多くの芸術祭が車を使っても1日ではまわりきれない規模感ですが、町並みを楽しみながらアートに触れられるような構成になっています。 さて、弊社は、作品展示とワークショップを企画させていただいています。   ワークショップは、アーティストの山本愛子さんによる、藍染め体験型アート。 一日のみの開催、その名も「まじゅつや」 布が藍に染まる工程は、とっても、不思議で魅力的なんだそうですよ。 大子町の素材を用いて、1時間程度で藍染め体験ができます。汚れていい恰好と、手を拭くタオルくらいの身軽な恰好でご参加いただけますし、天然素材のものであれば、洋服等お持ちいただけたらご自身の持ち物も染められます。 当日参加も大歓迎ですが、人数把握のためにもこちらよりお申込みされることをお願いしております。 会場がとても良い雰囲気を残した建物なので、運営側としても非常に楽しみにしております。気軽にご参加ください。常陸大子駅より徒歩3分程度の場所になります。   作品展示は、彫刻家の松尾ほなみさん。 「すこし遠くの像」 会場となる旧サロンヒグチは、茨城県北芸術祭ではアーティストの公開制作の場となっていました。今回は、壁のペンキ塗り直しなど、展示会場としての場を整えます。空間の趣とともに楽しんでいただけますと幸いです。搬入まで、あと少しとなりましたが、どのような展示空間になるでしょうか。   ワークショップ、作品展示、そしてもちろんまちなかアートウィーク全体を楽しみに、大子町までいらしていただけましたら幸いです。都心からは遠い場所になりますので、来られない方も開催報告レポートも楽しみにしていただけたらと思います。 弊社企画の宣伝ビジュアル、デザインはともに山本愛子さん。   よろしくお願い致します。    

You don't have permission to register