back to top

自治体 Tag

2月23、24日の二日間にわたって、館林市にて武蔵野美術大学の黒川弘毅教授を講師にお招きし、彫刻講座が行われました。 1日目は群馬県立館林美術館にて彫刻に関する講義がありました。屋外彫刻(out-door sculpture)とより狭義に使われる野外彫刻(open-air sculpture)の違い、公共の場に設置される彫刻の題材、素材の時代ごとの変遷。設置された各地域の彫刻の状態、そこから見える保全活動の重要性について。 2日目は、前日の講義を受けて、館林市彫刻の小径に設置された3体の彫刻を実際に清掃しました。 最初に黒川先生から清掃の仕方および道具の説明。今回は洗浄からワックスがけまで行いました。 実際の清掃に入ります。彫刻作品は普段触らないので、盛り上がります。今回清掃したのはすべて女性像でしたが、女性像が流行ったのは90年代。戦後は新しい時代を作るという機運から男性像が作られることが多く、今世紀に入ってからはジェンダーの観点から公共の場に裸体、着衣含め女性像を設置することはほぼありません。欧米では特にこの動きは強いようです。 環境に良く、虫も殺さない洗剤を使用し、洗浄した後はワックスでピカピカに磨いていきます。 「今まで歩いてたら(彫刻が)あるなぁって感じだったけど、なんか大切な感じがしてくるよねぇ」と感じてほしかったことをそのままに参加者の方々が口々に言ってくださるのが嬉しいです。また、間近で見ると、様々な色の錆があり、これは何だろうと次々と沸く疑問に黒川先生が答えてくださいます。   この時期特有のからっ風も全くなく、14名の参加者とともに良い陽気の中で終えることができました。 館林市は90年代から黒川先生が専門的な調査に入っており、非常に良い状態で彫刻が保たれています。各地には様々なパブリックアートがあり、今後も増えていくと思われますが、市民の方々を巻き込んでいくことによって、一度設置された後も地域に愛されていくものとなりますように。 共催:群馬県館林市教育委員会・群馬県立館林美術館 / 企画・制作:株式会社MeltingPot

2019年3月2日~17日に開催される芸術祭、「大子まちなかアートウィーク2019」のディレクションを担当させていただいています。 現地で活動しているアーティストに加え、2018年7月より企画運営をしています大子アーティスト・イン・レジデンス作家を加え、茨城県大子町で開催される2度目の芸術祭になります。商店街空き店舗や野外での作品展示、ワークショップと同時に、期間中開催されるイベントも数多くありますので、観光ついでにいらしてください。 詳細情報は町のサイトより

2月23、24日に館林市にて、彫刻講座及び清掃体験があります。 2018年度はこれまで東京都中央区、埼玉県越谷市にて野外彫刻関連のイベントを開催させていただきました。今年度最後は、館林市です。2日間のイベントの初日は武蔵野美術大学彫刻科教授、黒川弘毅先生の講義、2日目に野外での彫刻清掃があります。 年齢、定員制限ありませんので、お気軽にご参加ください。申し込みは館林市文化会館 TEL:0276-74-4111。 共催:群馬県館林市教育委員会・群馬県立館林美術館 企画・制作:株式会社MeltingPot

11月4日(日)は、『中央区まるごとミュージアム2018』にて、定員10名のささやかなアートツアーを行いました。中央区まるごとミュージアムは、中央区文化・生涯学習振興課文化振興係の後援により年に1度ひらかれ、今回が11回目の開催となります。 MeltingPotとして、初めての参加でしたが、広報に力を入れてくださって、10名の方にご参加いただきました。 当日歩くルートと、ルート内の作品について各自がメモを取れる資料を配布させていただき、中央区役所から出発、有楽町、八重洲、と歩き日本橋で解散と、20程度の作品に解説を加えながら2時間ゆったりと歩きました。   出発してすぐの亀井橋公園。井手則雄による『トリオ』。素材はセメントっぽいね、定期清掃している気配はないけど、なんか修復した後はあるぞ、など話しています。 元電通本社、その後電通テック本社となり、現在は売却されているコンクリ建築の一画。建造物は丹下健三による設計で、丹下健三の他の作品をお見せしながらの解説。諸事情あって、本来つくりあげたかった建築とは異なる形だったようなので。 名犬チロリ、セラピードッグだそうです。犬繋がりで、渋谷ハチ公の話もさせていただきました。先代は戦争へ行かれたので、今のハチ公は2代目です。 夜には光る岡本太郎。絶対もとの作品ではない(と思われる)針金のようなとげとげが上部に付いているのを参加者の方が発見されました。鳩除け・・?元の作品と形状が多少変わっているのは、屋外彫刻あるあるです。 美術館に購入された作品と異なり、屋外彫刻は、そのまちの記念事業であったり、民間企業のおもいによって設置されたりと、社会と連動したストーリーが背景にある点が面白いです。美術だけでなく、まちづくりの視点からも味わうことができ、包括的な知識を得ることができるので、少しでも参加者に方々にとって楽しいひと時となれたならば良かったのではないかと思います。 また来年度、さらに進化させて『中央区まるごとミュージアム』参加するかもしれません。その際にはどうぞよろしくお願いいたします。   主催:株式会社MeltingPot 後援:中央区文化・生涯学習振興課文化振興係

10月27日には、熊谷市にて、熊谷市・熊谷市教育委員会との協働で屋外彫刻に掃除を通して触れるイベントを開催しました。 熊谷市を流れる星川に沿って設置されている彫刻たち6体を参加者の皆さんと一緒にスポンジで掃除しながら巡りました。地元の方は日頃から目にしている野外彫刻ですが、風雨にさらされ汚れていってもつい放置されてしまいがちです。そんな彫刻たちをお掃除しつつ実際に手で触れることで作品と親しんでもらおうと行ったイベント。 小学生の団体も参加してくれてとても賑やかな雰囲気でした。グループが入れ替わりつつ60人近くが参加してくれました。 皆さん台に乗ってとても積極的に掃除してくれて、彫刻の知識を勉強するのとは違う体を動かす取り組みを楽しんでもらえたようでした。 作品によっては隙間に泥が溜まっていたりとかなり掃除し甲斐があるものもありました。地域のモニュメントとして設置された後のこうした屋外作品を定期的にお手入れをして劣化を防ぐことも文化を守る大切な取り組みです。今後も自治体の方々と協力してこのようなイベントを継続していきたいと思います。 主催:株式会社MeltingPot 協力:熊谷市・熊谷市教育委員会

熊谷市・熊谷市教育委員会協力のもと、10月27日(土)に熊谷市屋外彫刻おそうじ体験を開催します。 ちょっと敷居の高い芸術品、美術館だと絶対に触れてはいけません。でも、それで興味を持つってむずかしい。触りながら硬さ、大きさ、個体別のさび具合を確認する、作者の細やかな気遣いに気付く。彫刻作品は触ることで見るよりも多くのことを知ることができます。おそうじを通して、彫刻作品を身近に感じ、自分の住むまちの財産として捉えていっていただけるようになれば幸いです。 おそうじ体験のお申込みは、こちらを印刷のうえ、FAXでお送りいただくか、メールにてお申し込みください。 おそうじ後は星渓園に移動し、当日を振り返ります。希望者はお茶会体験もできます。  

8月4、5日の土日に大子アーティスト・イン・レジデンス(以下、通称DAIR)のオープニングイベントが開催されました。 DAIRは町が寄附を受け所有していた古民家を改装したものです。4日には、DAIRの設計を担当した㈱バスクデザインの笠島俊一さん、そして今回プロジェクトの運営面で関わっている弊社河口、それから本プロジェクトの実施に関わってくださる方々のトークリレーがありました。 笠島さんのトークでは、過去から現代までの巨匠のアトリエの資料を見ながら、アーティストが自由な発想で使えると同時に、地域に開かれた場になるよう設計するにあたって工夫された点や、増改築を繰り返した古民家をまとまりのあるひとつの空間に仕上げるにあたって苦労した点を伺いました。 2階の廊下が簀子になっている独特の作り、1階2階をロールのように均一な高さで建築基準いっぱいまで設けられている窓、それぞれにもともとの家の作りを考慮した上での設計です。ここに記すのはもったいない話なので、ぜひ大子町まで遊びに来てください。 続いて河口のトークでは、今回のレジデンスで意識していること、また地域でアートを行うにあたって地元の方々にお願いしたいこと等、軽く30分程でお話しさせていただきました。滞在作家は1-3か月を基本に滞在し、自身の制作活動とともに地域との交流を行います。アートとは何か、と一言で語ることは難しいですが、偏りなく様々なメディアを扱う作家に滞在してもらうことで、今後地元住民の方々には、アートの様々な側面を見ていただき、多くの発見をもたらすことができればと思っています。 あまり運営側の話をするよりは、滞在している作家に自らの活動を語ってもらう方が良いだろうということで、15分ずつの持ち時間で滞在中のお二人にバトンタッチさせていただきました。滞在作家に関しては、滞在期間終了後に各作家ごとにアーカイブ記事を作成しますので、簡単に写真で当日の様子を振り返ります。 7月21日から滞在している山本愛子さんは、これまでの滞在期間の過ごし方、滞在中のプランなどについてお話ししました。今回オープニングイベントを迎えるにあたって制作中の作品を空間をうまく使って展示してくれ、華やかな会場作りにも一役買ってくれました。 7月31日から滞在している小久江峻さんは、すでに積極的に自身の作品のひとつである紙芝居公演を町内で行っており、作品を用いながら自身の活動を紹介し、最後はこれも自身で制作した楽曲をギターで演奏し、トークを締めてくれました。 その後休憩を挟んだオープニングセレモニーではまちづくり課の方、それから町議会、茨城県北芸術祭振興局、大子アートコミュニティの方からのご挨拶がありました。このプロジェクトを実施するにあたって、様々な方のご尽力があることに感謝します。 親睦会では大子の特産品が並び、和気あいあいとした中で普段お話しできない住民の方々、近隣の役場の方、アート関係者の方とお話しでき、子供たちもたらふく食べているようで良かったです。難しいことを抜きに関わり合えるのは良いことです。   5日のオープンアトリエでは、小久江さんが東京に戻っていることもあり、昨年3月に50名ほどで大変賑わった山本さんの藍染め体験「まじゅつや」を規模を縮小させて行い、それでも短い時間に20名ほどの方が入れ替わり立ち代わり藍染め体験をしていかれました。地元の高校生も来て、カレーを振舞ってくれ、大変賑やかな1日となりました。 さて、盛況となった2日間ですが、日本には空家の増加が大きな課題としてあります。今回のレジデンスが、空家を活用した町の文化の拠点作りのモデルケースになるよう、アーティスト、地元の方、両者にとって実りあるものにすることを、運営に携わるものとして、身を引き締めて引き続き取り組んでまいりたいと思います。 今後もDAIRを起点に様々なイベント、展示が開催されていきます。告知は随時フェイスブックページでありますので、特産品の多い大子町に遊びがてら、DAIRの様子も覗いて行っていただけましたら幸いです。

7月下旬より、茨城県大子町で古民家を改装したアーティスト・イン・レジデンスが始まります。 大子町は、第一回県北芸術祭が開催されたことを受けて、昨年度よりアートを活かしたまちづくり事業を進めてきました。弊社は、今年度滞在制作のアーティストの紹介、およびプロジェクトの企画等させていただきます。 本企画は芸術振興、および空家を活用した地域活性化に寄与するものとして、旭松食品株式会社、株式会社伊藤園、マルコメ株式会社、他企業様に協賛いただいております。 アーティストの滞在は、オープニングイベントに先行して始まりますが、地元の方向けのオープニングイベントが8月の4,5日に開催されます。 Daigo Art in Residense の頭文字をとって、施設名はDAIRとなりました。大子町の文化のハブとして認知されていくよう、取り組んでまいります。  

3月21ー25日に開催された大子まちなかアートウィークが終了しました。 これまで法人向けにアートワークの提供サービスは行ってきましたが、初めての人を巻き込んだ企画、ということで思いが強くどこから報告すべきか。。アートウィークの中で、作品展示とワークショップを企画させていただきましたが、結論から言うと、とても良いものになったと思います。 大子町で初めて開催されたアートウィークということで、全体としては今後に向けた課題等ありますが、それらはこれから行政・アーティスト・現地NPOの方々と話し合っていくとして、今回は弊社企画単体での報告です。   企画の告知情報 最初にお話しをいただいたのが1月の中旬、この時はまだ全体像が見えず、急速に動き出したのは2月中旬頃でした。そこから1か月ない中で展示作家として参加してくれた松尾さん、ワークショップ作家として参加してくれた山本さん、ほんとうに全力で答えていただきました。 ふたりの人選についてですが、概要が見えてきたときに、この二人以外には思いつかなかったというのが正直なところです。松尾さんに至っては10年間会っておらず、山本さんは制作活動でカンボジア・愛知・横浜間を忙しく移動しているところでしたが、まったく迷いなく絶対、これは松尾さんと山本さんに頼まなくてはと思い、結果快く引き受けていただけました。   まず、作品展示についてですが、準備期間は1か月。その中で、器用にいい展示空間を作れる人は、芸大を出ていればいるでしょう。 でも、これはたった5日間であっても茨城県の大子町で行う芸術祭。1か月という限られた時間の中で、まったく知らない地域の魅力を引き出すことは難しい。単発の企画として考えずに、展示作家としてまずは大子町に携わることで今後のさらなる展開を期待できる松尾さんと組みたいと思いました。ぜったい面白い動きしてくれる!と。 山本さんは、近いうちに海外に長期滞在する、という話を聞いていたので、一度一緒に仕事がしたかった、ということもありますがそれはタイミングの問題で、彼女の作る世界感がとにかく好き。本当に忙しそうな中でしたが、今回引き受けていただけて良かった、また数年後に一緒に仕事したいです。あるいはこちらが海外展開するか、どっちが早いかという勝負ですね。 さて、おふたりには特にこちらからの希望は伝えませんでした。弊社の立ち位置としてはアーティストをどうこうしようとは思っていません。才能のあるアーティストが、最大限その能力を出せるようにサポートしていくことが重要だと考えています。大子町に私(河口)が初めて行ったのは10月の終わりでしたが、そこからちょこちょこと足を運んでいたので、アーティストを連れた下見の際には、あそこのラーメン屋がおいしいだなんだ、段差踏み外して尻もちをついたり、鳥のフンの付いている柵をガッツリ掴みながら話すくらい夢中になって、大子町の魅力を伝えました。魅力を伝えるというか、行く度に発見のある、ほんとうにおもしろい町なんです、これが。 そこからは私が入り込む隙もないくらい、松尾さんも山本さんもどんどんアイディアを出して取り組んでいってくれました。本当に、人と人との調整くらいしかできる事がなかったです。結果的には、松尾さんは今後大子町で滞在制作することを見据えた自己紹介を兼ねた展示に、山本さんは大子町で拾ってきたもので布に模様をつけていく藍染め体験を考えてくれました。   展示「すこし遠くの像」 準備中と展示中の写真をご覧ください。 なんと壁も全面塗り替え、展示に相応しい空間に仕立て上げてくれました。奥の扉も外し、蜘蛛の巣だらけになっているところを掃除し・・・ ここは展示コンセプトとともに、映像の流れる空間に。来年度からのお楽しみに関わるので、展示の内容についての細かい説明はしませんが、 こちらのキャプションを読んだ時にはオカンのような気持ちになって、思わずじーんと来てしまいました。一か月の準備期間といっても、制作期間を考えるとコンセプトづくりにはほとんど時間がありませんでした、そんな中で1回目の下見であれこれ考えて、だめだー!となって2回目の下見、そんな様子を傍らでみていました。もしも解読できそうだったら、ぜひ読んでみてください♪ 期間中、ずっといられたわけではないので、芳名帳を置いていました。私が名前を書いてから1日で20人の方の署名が増えていましたが、どのくらいの方が来られたのでしょうか。まちなかアートウィーク期間中に開催されていたトークイベントの中で町民の方々と意見交換できたことや、準備中に何やってるの~と、多くの方々が話しかけてくださり、町主催の芸術祭は初開催の地で、地元の方々と交流できたことが、まずは何よりの今回の成果ではないでしょうか。今後の展開に期待!!   ワークショップ「まじゅつや」 ワークショップの会場となった大子フロントは、旧写真館。たった半日のワークショップでしたが、山本さん、暖簾を作ってくれました。 その効果は抜群で、朝イチから人が興味津々で集まってきて、 どんどん集まり、、 結果、50名以上の方々にご参加いただきました! 藍染めの緑から青にかわる「まじゅつ」のような感覚を楽しんでほしい、そして大子町でやるなら・・・、ということで、大子町で拾ってきたもので模様をつけることに。また、手ぬぐい1枚はこちらで用意していましたが、2枚目以降は持参であれば染めてよいことに。そうすると、みんな近くの呉服店で自分用の服を購入してきて、妙な一体感が生まれました。 大子町の枝、石、陶器の破片、河原に落ちてるものたちで模様をつけていきます。 こちらの女性は、貝の模様が綺麗に出ました。何を使ってどうやって模様をつけたか、参加者がお互いに話し合うという嬉しい盛り上がり! 同じ呉服店で買ってきたTシャツが並びます。 最後には参加者のみなさまと記念撮影。 北海道からやってきたお兄さん4人組、これから生まれる赤ちゃんのために10mの反物を染めに来た方、近くの町から30分かけて歩いて来られたおばあちゃん、本当に多くの方々にご参加いただきました。ワークショップはその場で直に反応を見ることができ、みなさんに、喜んでいただいて、笑顔で帰っていただいたので、良かったと思います。   さて、展示企画もワークショップもよかったと思いますが、この背後には土曜日でも下見に付き合ってくださり、当日もずっとサポートしてくださった役場の方、アートウィークの前からずっと町の情報を共有してくださった現地NPOの方、大子町で昨年から制作活動をし土壌を作ってくれていたアーティストの方、今回全力で取り組んでいただいた松尾さん、山本さん、そして何より、地元の方々。すべての方々のおかげで楽しく終えることができたと思います。 ありがとうございました! ----- ◎リンク◎ 大子まちなかアートウィーク 松尾ほなみさん 山本愛子さん

You don't have permission to register